読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あーく・りなっくす

プログラミングとかガジェットとかの雑記

Swap 領域を追加

Raspberry Pi に Swap 領域がなかったので追加したときの雑なメモ。 (メモリが足りなくていろいろちゃんと動いてないんじゃね?ってなったときの検証の名残)

前は専用のパーティションを作って〜っていうのをやった気がするが、今回は多分別の方法でやった。

Swap 領域の作成

適当な場所に適当なサイズで作成する。

$ mkdir /var/swap
$ dd if=/dev/zero of=/var/swap/swap0 bs=1M count=2048
$ chmod 600 /var/swap/swap0

$ mkswap /var/swap/swap0
$ swapon /var/swap/swap0

例のごとく起動時に使えるように

/etc/fstab に下記を追記する。

/var/swap/swap0 swap swap defaults 0 0

Swap 領域の確認

$ cat /proc/swaps
Filename                Type        Size    Used    Priority
/var/swap/swap0                         file        2097148 32968   -1